テコンドー朴道場 公式ホームページ

お問い合わせはこちらからITF-JAPANITF
ホームテコンドー道場紹介テコンドー 指導員紹介イベントテコンドー グッズテコンドー 道場生紹介入会案内
ハンムドー
   
テコンドー グッズ

タイトルバー

テコンドー ファラン朴道場 傘下道場・クラブ
テコンドー東京
東京荒川道場
東京荒川町屋道場
東京中目黒道場
東京足立興野道場
東京足立梅島道場
テコンドー埼玉
埼玉大宮道場
埼玉鴻巣道場
埼玉北本道場
埼玉朝霞道場
埼玉越谷道場
埼玉宮原道場
埼玉浦和道場
テコンドー群馬
群馬高崎道場
テコンドー神奈川
神奈川川崎道場
神奈川鶴見道場
テコンドー長野
長野松本道場
テコンドー栃木
栃木宇都宮道場
テコンドー愛知
愛知名古屋道場
愛知刈谷道場
テコンドー ファラン朴道場 大学クラブ
成蹊大学
朝鮮大学
ハンムドー
 
これまでの 韓武道(ハンムドー)イベント・行事はこちら


護身武道 韓武道(ハンムドー)とは?

無理のないゆったりとした内容(動き)で構成されています。
護身術・呼吸法と関節技、投げ技を主とした護身武道です。
特に健康維持と集中力、精神力を高め、壮年の方にお薦めの武道です。
昇級審査は年1-2回実施され、12級から1級、一段から九段までの段階があります。
現在、日本では、世界ハンムドー協会認可の道場として、4箇所でのみ道場があります。

韓武道(ハンムドー)入会案内


朴道場ハンムドー教室は、3個所の常設道場(荒川道場・大宮道場・高崎道場)で稽古を行っています。
また、府中道場(東京都府中市)でもハンムドー教室が設けられています。

■道 場: 東京荒川道場ハンムドー教室 (毎週月曜日、20:30〜21:30 )
       
埼玉大宮道場ハンムドー教室(毎週水曜日、20:30〜21:30 )

      
 群馬高崎道場ハンムドー教室 (毎週土水曜日、21:00〜21:50 )

■指 導: 朴 禎 賢 (韓武道二段) : 大宮道場(水曜日)/荒川道場(月曜日)
        朴 禎 祐 (韓武道二段) : 高崎道場)


■稽古クラス
 ・成年部 クラス(30才 男女)
 ・テコンドー有段者 クラス(有段者)
 ・女子部 クラス(女子会員 限定)
 ・壮年部 クラス(40才〜 男女)

  ※ご相談の上、クラスを選択してください。
 
  練習日時は各道場により異なります。 事務局、各担当者へご確認ください。

■諸経費・入会金
 入会金:  成年部・壮年部  男女会員 10,000円 (初年度年会費含む)
        
 ※家族会員(家族二人目より)、入会金は半額(50%OFF)です。

■ハンムドーー会費(月謝)
 月会費
  ハンムドー正会員 5,000円 (ハンムドーのみ修練される方)
  テコンドー会員 3,000円 (テコンド会費 別途) 
  
 道 衣 : 15,000円  
 
 保 険 :  2,500円/年(任意加入・毎年4月に更新)

 ※入会時は、基本的に「諸経費+月謝2ヶ月分」が必要になります。


ハンムドー教室の体験案内


■問い合わせ

 ホームページからメールでのお問い合わせ
 または、電話にてお問い合わせ下さい。
 電話 : 048-643-8839 (大宮道場:朴(パク)宛)
  (直接、お越し頂いても大丈夫です)

■ハンムドー見学
 一度、どのような練習をしているのか見学・無料体験に参加して下さい。
 練習に関する不安や悩み等ございましたらお気軽にご相談下さい。

■ハンムドー無料体験(初回のみ)
 呼吸法、手での反撃、手首術、服を持たれた場合など簡単な動作を学べます。
 上級者になるとナイフへの反撃など、実践的な動作を学べます。


    @ 呼吸法からスタート 精神集中から始めます。

    A 受け身(5種類) 無理なく全身を鍛える

    B手首術(ソンモク・スル) 模様  ※初級者
 
    C投げ術(オッ・スル) 模様  ※初級者

    D短剣術(タンゴン・スル) 模様   ※上級者

 年1回 ハンムドー創始者 金ヒヨン先生来日セミナー(2009/6)

 ハンムドー本部道場にて 昇段審査 実施
       (2009/11 USA・ニューオリンズ)

 決めは全て12種類と体系化さえているため、初心者でも簡単に学べます。


稽古内容
桓武(HANMU) 桓氣法(HAN KI Meditation)
1) 調身(Right Posture)
2) 調息(Right Breathing)
3) 調心(Right Mind)
桓武道(HAN MU DO)
1) 体術(Empty Hand Technique)
    @打術-Hand Striking Technique
         -Foot Kicking Technique
    A関節術 Joint Locking Technique
    B投術 Throwing Technique
2) 武器術(Weapon Technique)
    @弓術 Bow and Arrow Technique
    A剣術 Sword Technique
    B棒術 Staff Technique


入会規約

 ※必ずお読み下さい。

 一、会員は経験の有無を問わず常に自己の健康を管理し、練習はいかなる場合でも良好な状態で参加してください。

 二、道場では互いに尊重し合って稽古に励んでください。

 三、練習には危険防止のため貴金属類などをはずして参加してください。

 四、 会員は保険に加入していただきます。
 新規入会者は入会時に、継続会員は毎年4月(更新)に保険料をお納めください。万が一、事故や怪我が生じた場合はテコンドー保険内 で保障されます。指導員は常に安全管理に勤めており、最初から無理な練習は行いませんが、武道・スポーツを行う以上は絶対に怪我をしないという保障はできません。怪我等をした場合は自己責任において対処し、道場責任者及び関係者に対し異議申し立てのないよう にご理解いただきます。

 五、道場は人格者育成及び稽古をする場であるので、クラブ内でのほかの活動(政治・宗教・ビジネス等)を硬く禁じます。これらの他に も、他の会員に著しく迷惑をかけていると判断した場合は会員除名・退会処分とさせていただきます。

 六、指導者は生命や安全を守る立場にもある為、入会時のメディカルアンケートには、自己の医学的情報を提供することに同意の上、  正確にお答えください。また、入会後も健康状態を害していたり、運動することが好ましくないと思われるときは稽古には参加せず、速やかに師範・指導員にお申し出ください。怪我や病気後の稽古参加はかかりつけの医師の指示に従ってください。

 七、会員はすべての道場に参加可能ですが、所属クラブ以外の稽古に参加される場合は必ず担当指導員にご連絡の上、参加するよう にしてください。また、各練習場での施設利用や備品取扱はマナーを厳守してください。

 八、月会費は遅延・滞納がないようにお願い致します。毎月のお支払い状況によっては道場責任者の判断により、会員除名とさせていた だく場合がございます。残高不足による送金ミスなどは金銭トラブルの原因になるのでご注意ください。

ページTOPへ    テコンドー 朴道場HOMEへ
テコンドー ファラン朴道場 公式WEB TOP