テコンドー | テコンドー朴道場 公式ホームページ

お問い合わせはこちらからITF-JAPANITF
ホームテコンドー道場紹介テコンドー 指導員紹介イベントテコンドー グッズテコンドー 道場生紹介入会案内
テコンドー道場紹介
   
テコンドー道場紹介

テコンドー テコンドー紹介

朴武館 傘下道場

ファラン朴武館 本部
(埼玉戸田道場)
東京
東京荒川道場
東京中目黒道場
東京足立舎人道場
東京新宿道場
埼玉
埼玉戸田道場
埼玉大宮道場
埼玉鴻巣道場
埼玉北本道場
埼玉朝霞道場
埼玉越谷道場
埼玉宮原道場
埼玉上尾道場
群馬
群馬高崎道場
神奈川
神奈川川崎道場
長野
栃木
愛知
愛知名古屋道場
三重鈴鹿道場
愛知
ニューインターナショナルスクール
(N.IS)
テコンドー ファラン朴道場 大学クラブ
朝鮮大学


ハンムドー
 


■ テコンドー(TAEKWON-DO)

 
テコンドーは、韓国・朝鮮に伝わる古武術を基として、空手など他の武術の長所を科学的に研究しまとめ上げられた技術と、東洋の倫理道徳を基とした精神修養を兼ね合わせた護身術です。

その根幹は、人間の持つ潜在能力を引き出すことにより体の小さな人間でも大きな人間に対して一撃必勝を成し遂げるような技術を身に付けること、そして修練の過程において自らの身体をコントロールし何事にも屈することの無い精神力を養うことにあります。                
「テ」とは足で跳ぶ、蹴る、踏む、「拳(コン)」は、拳で突く、砕くことを意味し、「道(ドー)」は人格形成を目的とした、精神修養を意味します。
テコンドーは、故 崔泓煕(チェ・ホンヒ)先生により創始され、
1955年にテコンドーと命名されて以来、世界各国に普及し、現在では老若男女を問わず、約6000万人の修練生達が学んでいます。


 ■ 日本国際テコンドー協会(ITF-JAPAN)

日本にテコンドーが伝えられたのは、1981年の国際テコンドー連盟(ITF)師範団の来日によります当初、日本での普及活動はなかなか思うように進みませんでした。
そんな中、創始者崔総裁は、在日コリアンの企業家、
全鎮植 (ジョン・ジンシク)氏と出逢い、全氏の協力を得て、1982年に普及の足掛かりとなるモランボン・テコンドー府中道場が創設され、さらに翌年198374日にはITF(国際テコンドー連盟)の認可を受け、世界で76番目の加盟国として日本国際テコンドー協会が発足しました。
現在は、全国各地において道場、クラブ、通信教育、各種競技会・演武会などを通して、普及活動を行っています。

■ ファラン・テコンドー朴道場

日本国際テコンドー協会の傘下団体である。
代表は朴禎賢(パクチョンヒョン)師範六段。

日本国際テコンドー協会(ITF-JAPAN)草創期から協会を支えて来た朴禎賢師範六段が主宰する道場です。
現在、朴道場 30支部道場約500名が正統なテコンドーを修練し、稽古に汗を流しています。
中でも東京の荒川道場は、日本で2番目に歴史がある道場として、全国的にも技術の高さが評価されています。現在、世界チャンピオンや全日本大会での優勝者を多数輩出している『テコンドー名門道場』です。

設立日 :1999年1月
代 表 :朴禎賢師範 六段
道場数 :30道場
会員数 :500名(2009年9月時点)

ページTOPへ    テコンドー 朴道場HOMEへ
テコンドー ファラン朴道場 公式WEB TOP