テコンドー | テコンドー朴道場 公式ホームページ

お問い合わせはこちらからITF-JAPANITF
ホームテコンドー道場紹介テコンドー 指導員紹介イベントテコンドー グッズテコンドー 道場生紹介入会案内
テコンドー道場紹介
   
テコンドー道場紹介

テコンドー ごあいさつ

朴武館 傘下道場

ファラン朴武館 本部
(埼玉戸田道場)
東京
東京荒川道場
東京中目黒道場
東京足立舎人道場
東京新宿道場
埼玉
埼玉戸田道場
埼玉大宮道場
埼玉鴻巣道場
埼玉北本道場
埼玉朝霞道場
埼玉越谷道場
埼玉宮原道場
埼玉上尾道場
群馬
群馬高崎道場
神奈川
神奈川川崎道場
長野
栃木
愛知
愛知名古屋道場
三重鈴鹿道場
愛知
ニューインターナショナルスクール
(N.IS)
テコンドー ファラン朴道場 大学クラブ
朝鮮大学

ハンムドー
 

ファラン朴武館
会 長

パク チョン ヒョン

朴 禎 賢
(六段国際師範)

TAEKWON-DO HWARANG 
PARK BU-KAN JAPAN


PRESIDENT
PAK CHONG HYON
6 Degree
International Instructor

テコンドー六段
国際テコンドー連盟
  
ITF競技委員
国際師範・
国際審判員A級
日本国際テコンドー協会
 
ITF‐JAPAN理事
埼玉県テコンドー連盟
       
理事長
群馬県テコンドー連盟
         
副会長
荒川区テコンドー協会
        
理事長

正統テコンドーの技術と精神の継承し普及発展させ、
文武兼備を目指す。

The technology of original Taekwon-do and soul succeed, and it carries out spread development.

Literary-and-military-arts combination is aimed at.


テコンドー・ファラン朴武館は、19991月に創設されてから今日まで、テコンドーを創始した崔泓熙(チェ・ホンヒ)先生の『正統テコンドー』の正しい技術と精神を学び、普及発展させることを使命にして一心不乱に邁進して参りました。

After Taekwon-do HWARANG PARK DOJANG is founded in January, 1999, to today, it studied original Taekwon-do the right technology and soul of GEN. CHOI HONG HI who created Taekwon-do , made it the mission to carry out spread development, and has striven absorbedly.


『チャレンジ精神』を合言葉に、常に新しい事に挑戦する姿勢を一貫して貫き、テコンドーの技術と精神を正統に継承しているテコンドー道場として、成長を続けています。

It pierces through the posture in which an always new thing is challenged in " Challenge soul" at a watchword, consistently, and is continuing growth as a tae-kwon-do exercise hall which has inherited the technology and soul of tae kwon do legitimately.


設立から今日まで、テコンドー・ファラン朴武館より、テコンドー最高峰の競技大会である80余カ国が参加するITF世界大会、25の国が参加するアジア大会、全国三百の道場から予選を勝ち抜いて参加する全日本大会などで、優勝、準優勝、3位メダリストを多数排出する事で、全国トップクラスの成績を残す快挙を成し遂げて来ました。

From establishment till today from HWARANG PARK DOJANG, In the ITF world congress in which about 80 nation which is a game convention of the Taekwon-do  highest peak participates, the Asia convention in which the country of 25 participates, the all Japan convention which wins straight victories in a primary and participates from 300 DOJANG in the whole country, etc., The inspiring feat which leaves the results of national top class has been finished by a championship, a runner-up to the championship, and discharging many medalists the 3rd place.

テコンドーを創始された故崔泓熙先生もきっと、『よく頑張った!』空の上から喜んで見守っておられる事と思います。

GEN. CHOI who had tae kwon do created -- surely -- " -- he often did his best! I hope that it is glad and you are watched from" sky.

ファラン朴武館は「テコンドーの技術が高いだけでなく、人間性にも優れ、広く大きな心を兼ね備えた指導者の育成と結束」を最も大切な事として捉えています。このような理念のもと、有段者と上級者たちの『有段者技術研究会』、『審判講習会』、『競技強化練習』など多方面に機会を造り、能力ある有段者、指導者の育成にさらに力を入れています。

HWARANG PARK DOJANG has regarded "a leader's training and union whose technology of tae kwon do was excellent also in humanity, and it is not only high, but has the large big heart" as most important thing.


また朴武館では、テコンドーを学ぶ人が、正しい技術を修錬する過程で、技術と心、精神が鍛錬され、自信と人格を備えてゆき、様々な分野の社会で貢献できる人が育つのだと考えています。
いいテコンドー指導者が指導する道場は、いい稽古生が育ちます。いい指導者が地域の社会に根付く事で、健全で健やかな青少年たちが育ち、彼らの無限の力が生きて、社会が元気になります。

The basis of such an idea, "the owner technical research meeting of the stage" of the owner of the stage and upper persons, a "referee school", "game strengthening practice", etc. build an opportunity in many fields, and are putting power into training of the capable owner of the stage and a leader further.


今世紀、国境を超越して世界がひとつに結ばれるグローバル化時代にあって、インターネットを通じて、ある意味では地球の時間と空間を自由に『情報』で共有出来るようになりましたが、世の中と社会の根本はやはり、「人と人、人の心と心の繋がりが大切」なのです。
テコンドー朴武館は、世界の国境と民族、宗教、思想を超えて社会の根本である「人」を育てるために努力してゆきます。


Moreover, in the process in which those who study Taekwon-do  Training the right technology, technology, and the heart and soul were trained, and I had confidence and character, and think that those who can contribute in the society of various fields grow up.

An exercise student with the sufficient exercise hall which a good Taekwon-do leader guides grows up.

Healthy and healthy youth grows up, their infinite power is useful, and society becomes fine because a good leader roots in the society of the area.

Although it is in the globalized age which transcends the border and when the world is connected to one and the time and space of the earth can be freely shared in a certain sense through the Internet this century "using information", the origin of a world and society is "important [ relation of the heart of people, a person, and a person and the heart ]" too.

Its best is done in HWARANG PARK DOJANG in order to bring up "those" who is the social origin exceeding the border in the world, a race, religion, and thought.



「礼儀、廉耻、忍耐、克己、百折不屈」のテコンドー五大精神、人を愛し尊重するという「礼に始まり礼に終わる」武道の精神を心の支柱に据えて、テコンドーを修練します。

また、「心は広く、目標は高く、生活は明るく」をモットーに人を育ててゆきたいと思います。

そして、世界中の人々と、そして、かけがえのないテコンドー稽古生、仲間たちが互いに尊敬し、互いに発展するコミュニティーを実現していく事が、私たちテコンドー朴武館の願いであり、また役割でもあると考えています。

文武兼備。教養を備え、体を健全に造る。
『初心』を忘れず、指導者たちが力を合わせて、これからもさらなる発展を目指して、力強く革新と挑戦を続けてまいります。

 

"courtesy, integrity, perseverance, self control ,indomitable spirit the Taekwon-do 5 major soul of 100-box undaunted", and the soul of the "begin with a bow, end with a bow" martial art of loving and esteeming people are set on the support of the heart, and the training of the tae kwon do is carried out.

Moreover, I regard "it is broad-minded, a target is high, and a life is brightly" as liking to bring up people into a motto.

And tae-kwon-do exercise students and friends without people in the world and a substitute respected mutually, and I think that it is a wish of us HWARANG PARK DOJANG to realize the community which develops mutually, and it is also a role.

Literary-and-military-arts combination.

It has culture and builds the body healthfully.

He does not forget "initial earnest intention", but leaders pull together, and it continues innovation and a challenge forcibly from now on aiming at the further development.


ページTOPへ    テコンドー 朴道場HOMEへ
テコンドー ファラン朴道場 公式WEB TOP